読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加減のわからない日々

拗らせすぎて加減がわからなくなってしまったヲタクのつぶやきあれこれ

まだまだ瑛治ロス

f:id:keichami622520:20160914220024j:plain

こんばんわ。今日も瑛治くんのことばっかり考えてたら1日終わってました。



ふと昨日の夜。

ぴんっ!って思いついたことがあったんです。



そういえば、瑛治くんのお部屋って、ラジコンとかロボットとか、やたらとレトロなデザインの玩具が置いてあったな〜、そういえばKingのインテリアもそんなのなかったっけ、あったあった!カウンターの上とかに!あれ…………?

あれってもしかして、全部クリスマスにまきこママからもらったものなんじゃ…………!!!????

って。



最終話見てて、あの古いお家のシーンですごく感じてたんですけど、

瑛治くんの思考とか話題とか、ボイスチェンジャーで話していた内容とか、

なんか、とても、年相応じゃない。

なんだか、とても、幼稚、稚拙、という感じ。

あれだけの計画が立てられる頭脳を持っているのに、

クリスマスのことにずっとこだわっていたり。



心なしか新一くんの「はっ?」とか「えっ?」にも、その戸惑いが含まれているような。




私は、日々、たくさんの子どもたちと接する立場にいる人間なのですが、

幼少期に、身近な大人からたくさんの無償の愛情を注いでもらうことの大切さについては日々痛感しています。


自分というアイデンティティーを確立するための土台は、やっぱり、いちばん身近にいる大人(親)との関係性。

そこでたくさんの愛情をもらって、安心して信頼して過ごすことができなければ、人は次のステップには進めないと思う。




幼少期に、いちばん大好きなお母さんからの愛情を、十分に注いでもらえなかった瑛治くん。いなくなったかと思えば現れて、かと思えばまた他のお家の子のところに行っちゃって。

どれほどの不安の中で過ごしていたのか……。想像を絶します。



むしろあの時ちゃんと捨ててくれれば気持ちの整理がつけられたのに。




って、瑛治くんも言っていましたね。




だから瑛治くんの時間は、お母さんに絶望した時から、止まってしまったんだなって思ったんです。

大人になったけど、瑛治くんの心の、一番大切なところは、子どものまま成長できなかった。

お部屋にたくさん残ってる古い玩具たちを見てたら、なんかぴんって、繋がったんです。

(あくまで一個人の感想です)


あの古いお家で怒り狂ってナイフ振り回してる瑛治くんの中で、小さい頃の友哉くんが泣いているような気がした。

お母さん、どうして僕を置いて行っちゃったの?って。

慧くんの演技から、そういうものを感じたんです。



だからまきこママが新一に「あなたが良い子だからいけないのよ」みたいなこと瑛治くんの前で言うシーンが本当にかわいそうで、おまえ!そんなこと言うなよ!バカーーーーーー!!!!!って、

胸がいたくて、しくしく泣きました。





(ちなみにそれを聞いた瑛治くんの「酷い理屈だよね…理論的整合性が全然取れてないよ」っていうセリフ真剣最&高だったから、これを慧くんに言わせた人に菓子折りさしあげたい…!!!!ヲタクの性癖に訴えてきすぎ……!!この件に関してはまたどこかで語ろう)






瑛治くんって、お部屋で植物丁寧に育ててたし、Bar.Kingもとても良い空間のお店だったし、

騙してたとはいえ、新一くんとの同棲生活の中で、おいしいご飯とやさしい笑顔で新一くんを癒していたのは事実だし、

馬場さんとさおりちゃんからの信頼は本当に厚かったし、



本来、きちんと育てられていたら、すごく優しくて、素敵な人だったんじゃないかなぁって、おもう。


でも、瑛治くんは、自分のそういう良いところにも気付けてなかったんじゃないかな、っておもう……





…ね。ほんとにひどいはなしだ……。









そんなこんなでロス3日目の夜を終える。

ごあいさつ

f:id:keichami622520:20160913141312j:plain

普通ブログ始める時ってこういうのが最初に来るべきなんじゃ…!

順番が前後しちゃってますが、要するにこんなやつです。

ここでは、だいすきなひとのこと、私の感じたこと、忘れずに残しておきたいことを、

思うままにわーっとつぶやいていきたいと思います。

そんな思いで1年程前からTwitterを始めたのですが、

ものすごい情報量の中で、次から次へと言葉が流れていってしまうのがなんだかもったいなくて。

重いヲタクなので文字制限があるのももどかしくて。

ひとつひとつの感じたことを、だいすきな慧くんのお仕事を、流れていかないように、大切に覚えていられるように。

わたしの感情の波が、うわーーーーーーーーっと盛り上がったタイミングで、気ままに更新していきたいと思います。

ひとつよろしくお願いいたします!

だいすきなひと

とりあえず瑛治くんに感情移入しすぎた私の、思いが重すぎて若干気持ち悪い感想の話はここらへんで終わりにするとしてだな、



最終回、冷静になって振り返るとだな、



ヲタクの願望叶えてくれてありがとう全伊野尾担と抱き合って泣きたい真剣ありがとう回



でまちがいないですよね?????????






(いやあれだけの伏線ばらまいといて、最終回で全部新一が日下くんに口頭で確認して終わらせるつもりかよっていう突っ込みがわたしの脳内のどこかから聞こえてくるんですがもういいんですこの際)





狂ってる日下くんを見ている時わたしはなぜか、

蝉様を思い出していたんです。

(それは私がいのやま担だかr……というのはさておき)





なんなんでしょうね?

自担に狂気に満ちたサイコパス殺人鬼の役とかやってほしくなるこの願望なんなんでしょうね???

JUMP担になってかれこれ1年とちょっと経ちますが、

その間に大好きなメンバーの美しく狂う姿を2度も拝めることになろうとは。

それだけ彼らが、美しく、かつ期待に応えられる実力を兼ね備えてるということなのでしょう。

関係者の大人の方々がほっとけなくなるような魅力とパワーで満ちてるんだろうな!

わかるよ!

こんなに美しく妖しく儚い魅力に溢れてるんだもの!

少年と、大人の絶妙な間に立っていて、どっちにも揺らいでいて、ひとつひとつの瞬間を見逃したくないって思うもの!




とにかく最終回の日下くんの美しく狂う姿は後世に語り継ぐべき素晴らしい映像すぎた。

もうどこを切り取ったらいいかわかんねぇからvineで軽率にキャーキャーあげられねぇ。とかいってたぶんそのうちすっげーあげる。古民家のシーンまるっと、いやいや偽藤堂を殺したシーンも小山内さんとのシーンも全部、まるっと最終回まるっとぜんぶ素晴らしくて!!!!!!!



全身から溢れ出す感情に、時折言葉が追いつかなくなるような瞬間もあったけれど、

これを迫真の演技と呼ばずしてなんというか…慧くん、相当に身を削ったのでは……!






数年前、連ドラデビューした時の慧くんの映像を見た時、

彼がこういう俳優さんになることを予想できた人間はいたのでしょうか。いないだろ。少なくとも私は違うぞ。カラフト見てないど新規だからっていうのもあるけど、慧くんは、バラエティ方面でがんばる人なのかなーって思ってたぞ(ごめん)

今回だってキャスト発表されたときは、

主人公を癒したりアシストしたりしてくれる、いい感じの脇役なんだろなくらいにしか思ってなかったぞ。






でも、見事に裏切られました。それも、1番、こうなってほしいなーっていう方向で。






影でどのくらいの努力をしている人なんだろう。インした頃、お酒を出すときの手が震えちゃうくらい緊張してた慧くん。そし誰と平行してこなしていたお仕事は数知れないのに、その中でこれだけの結果を残してくれた。


今自分に求められている姿を的確に理解して、私たちに届けてくれる慧くんのポテンシャルの底はいつだって見えない。

いつも予想の遥か上、それも予想してたとこよりだいぶ斜め上に慧くんがいる感じがします。






これが私のすきな人なんだ!!!!!

超かっこいいでしょ????????ね?超!!!!!!!!!!

かっこいいで!!!!!しょ!!!!!!!!





そういえば初めての連ドラの時は、クランクアップで泣いてたんだよね。


今回はクランクアップの笑顔が印象的だったなー。




藤原竜也さんを始め、実力派俳優陣と一緒に仕事ができたこの日々が、彼にとってきっとすごく刺激的でわくわくで、いっぱい悩みながら、でもそれすら楽しみながら過ごせた、最高に充実した日々だったんだろうな。

そしてきっと、手応えもあったはず……!




これをステップにして、次のステージへ!

どんどん進んでいってほしいな。どんどんいっちゃうんだろうな。

がんばってついてくからね。







というわけで、伊野尾慧くん、





ドラマ『そして誰もいなくなった

撮影、本当に本当に本当に、お疲れさまでした!!!!!!!!




夢のように楽しくて刺激的で幸せな3ヶ月間を、ありがとう。






あー!!!!!!










だいすきーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!

瑛治ロス

おわった……ぜんぶ。



慧くんの、感情をぶつけまくる演技、ただただ、圧巻。

日下くんの、トモヤくんの、お母さんに選んでもらえなかった深い悲しみ、怒り、新一への嫉妬、ぜんぶ、ぜんぶ、

慧くんの表情、言葉じり、動き、息づかいに、全部、込められていて、

見ていて本当にとてもつらい最終回でした。



裏を返せばそれだけ、お母さんのことを愛していたということ。

お母さんに振り向いて欲しかったんだよね。お母さんと一緒にいたかったんだよね。

最初に、周りに、誰もいなくなってしまったのは、日下くんだったんだね。


慧くんの演技から、そういう日下くんの思いがビリビリ伝わりました。



途中からほんとに見ているのが苦しかった

救ってあげたかった

もうやめよう?トモヤくんだって、しあわせになっていいんだよ?って

抱きしめてあげたかった



きちんと、お母さんが愛情を間違えないで注いでくれていたら、

お部屋で丁寧にサボテン育ててるようなマメて優しい男の子だったんだろうなって思うと、

やりきれなくて悲しい

誰でもいいから、日下くんのことを

救ってくれたら良かったのに



お母さんは結局、新一を生かして、瑛治くんを刺したわけで、

最期に振り返って、母さん……って呟いた時の顔とか、

最期の最期はたった1人でいってしまったのかなとか、

もう日下担的にはとことん報われなさすぎて、

ラストを視聴者に委ねて余韻残したかったのかもしんないけど、

だったらせめてだいすきなお母さんの隣で最期を迎えさせてあげてよ!!!!!!!

バカ!!!!!!

えーーーーーーーん!!!!!!!!!

でした…




実は生きていて、どこかでひっそり隠れ家的なバーを開いてるっていう妄想とかしないとしばらく生きていけない。たぶん猫飼ってるよ。猫とのんびり暮らしてるんだよ…








はぁ……………………………












とうぶん続きます、瑛治ロス。